リフォーム事例を見ることで何が分かる?

より具体的な問題点を探す

完成図を探す

先ほど、今現在自分が置かれている状況の問題点について具体的に洗い出したと思います。
これが具体的であり、かつその改善策が見えていれば見えているほど、次のステップに進みやすくなります。
ここでは、リフォーム事例をたくさん見ることで自分が目指すべき完成図を探すことです。

リフォーム事例を見ると、たくさんの部屋の状態を見ることができます。
住む条件によって部屋の形や家具の配置など、様々な条件があります。
リフォーム事例というのは、すべて実際に行われたリフォームの記録です。
そこにあるサンプルが多ければ多いほど、自分の環境に似た人物が存在する確率は高くなりますね。
だからこそ、リフォーム事例という形でたくさんのサンプルを集め、一人でも多くの人に合った完成図を提供しているのだと思います。
そこから自分の感性に合ったものや、部屋の構造に合ったものを探し出しましょう。

イメージ作り上げる

とてつもない数のリフォーム事例を見て完成図が見つかった後は、ついにイメージ構築の作業です。
ここでも、最初に作った問題点の箇条書きを参照します。
今もっとも困っていることから順番に優先順位をつけて、完成図を参考に家具を配置しましょう。

目的をはっきりさせることでその作業は格段に効率的になります。
もちろん、その作業を一人で行う必要はありません。
通常リフォーム事例を扱うサイトは、数えきれないほどのサンプルを備えているものです。
一つ一つのサンプルの良いところ、真似してみたいところをピックアップしていけば意外とすぐに埋まってしまうものです。

また、リフォーム事例の中でも自分に合ったものとそうでないものがあるので、なるべく統一感を持ってサンプルを集めるように心がけましょう。


この記事をシェアする